映像探偵団

ブログ移動中

30年過ぎてました。

1991年6月3日に

テレ朝人気報道番組から放送の仕事始めて30年が経ちました。

当日昼過ぎに入ったニュースが雲仙・普賢岳噴火。

初日いきなり現場の怒涛っぷりを味わいました。

以降、22時に放送始まると同時に鳴る視聴者からの電話対応

前のスタッフ二人はこの受話器を取ろうとすると

手が震えてしまい辞めていったとか。

確かに電話の内容は酔っ払ったおじさんの嫌がらせ、

出演者に文句を言いたいだけ、の人も多かったです。

今のようにひとり1台テレビがデスクにあるわけではないので

居室に並ぶブラウン管を見る余裕はなく

「え?今、久米さん何て言ったの?」

ひとことの反響が凄まじかったのを今も思い出します。

その後テレ朝の朝のやじうまでフロアディレクター、

「見切れてる!」とインカムで怒鳴られる。

トゥナイトでオープニング映像のテープを早送りしすぎて

タイトルが出なくて、プロデューサーの大声「スタジオ!ドン」。

その当時はあるあるだと思ってましたが

いままで生放送でそんな放送事故みたことがないので

私はとんでもないことしました。(もちろん始末書書きました)

バブル弾けた後に開店したジュリアナのタダ券が共有テーブルに山盛りで。

ジュリアナ、バブルの象徴ではないんですよね

今はごっちゃにされてますが厳密にいうと

まだ世の中がバブル気分から抜けきってない時で

株価下落のニュースと店内の上下するシャンデリアに積った埃が

リンクして記憶に残っています。

 

短いAD業務を経て

(ロケバスで地図読んでると酔う 

 生理痛が酷過ぎて、ロケ先で鎮痛剤をオーバードーズ

 週一休み深夜に歌舞伎町でTバック買ってという指令、

 今は働きすぎると強制的に休みになりますが

 当時は朝からロケで局戻って夜中まで編集、

 このままじゃ子ども産めない体になる!無理でした)

次はTBSの選挙本部へ。

出口調査を各地のアルバイトに指示する役割で

ショルダータイプの携帯電話を送り

ファックスと手作業で集計していました。

PCは部署に1台くらいあったのかな。

 

その後TBS系のプロダクション所属で

NHK関連団体へ。当時はまだ放送センター内に

関連団体の制作部がありました。

初日の千円のランチを食べた後、喫茶店の八百円のコーヒー

割り勘です。ヤバイ、生活していけない!

当時のスタッフはお嬢さんが多かったようです。

忙しい職員の花嫁候補みたいな扱い?

当初は直接雇用条件の時給計算。

東京のひとり暮らしは無理。

連休入ると大変です。

所属会社の上司に相談して、

放送作家教室修了していたので)

企画書下書きなどをやって、別の生活費を確保していました。

翌年、プロダクション経由の業務委託になってほっとしましたが

今度は残業代や土日祝日手当がない。

今も直接雇用の時給はこの時と同じようです。

「失われた30年」

プロダクション所属の契約社員も「非正規」なので

なんとか自力で「正規」になろうと

他業種の正社員も探しているなか

テープ運搬中に顔面に傷が残り、労災降りたお金を資本金にして

「社長」になりました。

東京住み35年を迎えて、

20年ちかく社長をやっていることになります。

それが良かったのか悪かったのか、どうにも判断できない曖昧さ。

 

 

あ、長いな・・・

晦日、紅白みないと。

(そういえば紅白を誰かと一緒に観た記憶がないですね、

 仕事かひとりか、今年は新・実家でのんびり)

 

よい年をお過ごしください。