映像探偵団

ブログ移動中

前のブログ2016年から、今はコロナ後の2020年5月

2003年の会社設立から、元旦以外休みがない年もあったり

1年のうち、350日働いているような状況が続きました。

で、2016年からはなんだかもうブログ更新する間がないほど

ホントめまぐるしかったです。

(趣味でいろいろ楽しむ時間が増えたのもあります)

 

私的なことも入れると

1.北海道地震で札幌の実家半壊、解体、売却、

  確定申告で目の前で吸い込まれていく札束。なんで?被災者なのに?

2.将来の災害や食糧危機に備えてやはり札幌に家を確保しなければ

  と中古物件探し回るも、良物件は地元民へ。

  結局、実家近くの小さな土地に災害支援ローンで新築。

  (この2年半の役所と銀行の手続きだけで消耗

   ストレスで前歯の根元折れる)

3.予定より早く来た災害は新型コロナだった。

  2月末、支援金申請、入居手続きの途中で

  北海道緊急事態宣言。近所挨拶もできないまま。

4.5月、引越は不要不急に当たらないということで札幌へ。

  しかし、ニトリ無印良品すら開いてない。

  シーツもなければ、収納家具もないままの荷ほどき。

5.仕事がまだ続きそうなので

  7月、東京オリンピック開会式観て撤退する予定だった部屋

  更新するか引っ越すか数ヶ月悩んで

  先ほど、この事務所再契約決心。

  (仕事で10数キロのHDD運んで肩炎症、そして腰ヘルニア発生

   もう荷造りする体力気力無し)

 

で、サイト放っておきっぱなしだったので

そろそろメンテナンスしないと、

ペーパーカンパニーか、廃業した会社扱いになって信用落としそう

ということで

近いうちに、映像リサーチのサイトも若干リニューアルします。

このコロナ禍でできること、ちょっと初心に戻って

何かの役割を果たしたいと思っております。

 

ホントはもう札幌の住民だったんだよぉ

帰っておけば・・・と若干後悔してます。

(家の前が桜。バス停まで1分

 セブンまで1分、回らない安い寿司屋まで30秒。

 東京の半値の美味しいケーキ屋40秒

 有名ラーメン店、その他、東京の家より充実した近隣の飲食店

 食糧自給率200%の北海道にいる安心感)

この数年に処分した諸々、東京札幌合わせて5トン。

そりゃヘルニアにもなるわ。

さてこれから

仕事未整理書類と決算書類と医療費5年分の領収書の山を処理。

早く身軽になって、ひとつ、旅でもしたい。

 

 

 

 

 

  

 

  

安易にネットから「拾って」こないでね①

最近、Twitterで気になった下記話題。

 

某テレビ局から届いた「番組で使いたいから、商品を無償で送れ」

という内容のメールについて、断ったら常識離れの返信メールがきた

http://iinee-news.com/post-12497/

 

しくじる情報バラエティ番組 

調査のプロ「リサーチャー」が減少中 | しらべぇ http://sirabee.com/2016/11/14/20161027423/ @sirabee_newsさんから

 

うん、わかる。

で、長年こんな仕事をしていて実感するのは

最近こういうケース多い、そして明らかに「やりづらく」

なっているということ。

どこかの誰かが「ヘタを打って」権利者なり

一般の方なりをすでに怒らせていた後

そこへいつもどおり、お手紙やメールなどで連絡したら

相手さんがどうにもお腹立ちの様子で。

で、お伺いすると、ああ、・・・

たまには代わりにお詫びすることもあります。

私は滅多には電話を最初にする、ということはしないんです。

だいたい今は公式HPや

個人の方だったら、FacebookTwitterのアカウント

から連絡できるので。

で、まずこちらの立場と使用概要を記載して

それから相手さんの返事を待ちます。

いろんな現場にいると、自分たちのスケジュールに合わせて

急いで電話をかけて!と要求される場合もあるけれど

なるべくそういうことにならないようにしたい。

返事待ちは、毎回胃が痛くなりますけどね。

(先日健康診断で引っかかり、

久しぶりに胃カメラ

先生「うわー、ストレスで荒れてるねぇ」

ここんとこ、そんなこと多かったからね)

 

有償・無償については

これははっきり規定がないなか

公共性のあるもの、放送だけか

パッケージなど商品化もあるのか

それで区別もしています。

商業ベースになりそうな場合は

ほんとわずかでも謝礼をお支払いするとか。

その金額はまちまち。

 

ちなみに、いっとき世間で話題になった

海外の一般の方の投稿画像。

使用連絡したら、プロの3倍くらいの使用料の提示。

ちょっとこれは高すぎる・・・

こちらも、目安の料金をお知らせして交渉するも

相手さん譲らず。

これもスケジュールに余裕があれば、

使用を断念もできたかと思うのですが・・・

その後、海外との商取引を経験されてないので

映像使用料支払い時や個人口座へ送金する時の

「租税条約に関する届出書」「居住者証明書」など

説明するのも大変で。

で、仕方なくPayPal経由で支払い手続きするも

これまた本人確認で時間が必要となり・・・

海外送金だと1ヶ月はみておいてね、ということも

理解してくれず、

使用した日から毎日請求が来る、という

異例の事態に。

うーん、ちょっと困った人だなぁ・・・

しかしその画像をあげて、これ使うとこんなことになるよ

と言えないのが・・・・

皆さんもご注意ください。

 

 

 

リサーチャーって?

先日ご依頼頂いたCM制作会社さん。

お話を伺っただけで、

わぁそれは世の中になさそうな映像って

思いつつ。

(空撮?主観?ヘリでそこまで飛べる?)

すでにADさんが調べ尽くして、それからのご依頼で。

二度手間にならないようどこをお探しになったのか?

その検索結果の資料を拝見したら、お見事でした。

なので、こちらとしてはネットでは探せない、

もしくは長年のカンで持ってそうなところだけ当たるという

ワンポイントリリースで。

まぁ残念ながらお役に立てず・・・だったんですけど

あの整理された資料は素晴らしい!と思いました。

 

リサーチって会社名に付けてるのに

自分ではリサーチャーと名乗ってません。

ずっとその職種の方たちをみて

自分はそこまでの専門性はないな、と。

友人のリサーチャーは大学の専攻分野から科学誌を経て

フリーランスへ。

大量の文献・論文を読んで、大学にも取材へ。

たぶん欧米のリサーチャーもそんな意味合いかなと。

弊社の英語名もresearchではなく

searchingにした理由はそこにあります。

あくまで、映像を探すこと。

「研究や調査」ではありません。

 

でもここ最近、「リサーチャー」という人が

増えてるようです。

「映像検索」の狭い世間では

その「リサーチャー」に悩まされること多し。

プロデューサーやプランナーが要求した

映像のキーワードをそのまんま

映像ライブラリーに投げてくるそうです。

世界的なライブラリーがなぜ「動画検索システム」に

力を入れてるのかというと、欲しい映像は

ご自身で探してね、ということですよね。

「英語ができないから」

「無料の検索サービスしてくれるところだってある」

・・・これADさんなら、

やり方やコツをお知らせすることもあるんです。

 

歴史的なニュース映像の場合

例えば戦争なら

空爆」だけでは調べようがないくらい

の映像量があります。

ご自分たちが求めてるのは

その「戦争の概要」「いつ」「どこで撮影」されたものか。

そこを調べること

それが「リサーチャー」では?と・・・

 

歴史的事件の概要や

自然災害の発生の時系列、

(例えば火山噴火だったら

同じ山でも、いつの噴火なのか。

インドネシアの火山はずっと噴火し続けてるのも

あるんですよ)

歴史的建造物であればその由来、

そこを調べてから・・・

英語サイトだって単語入力と期間特定するだけで

プレビュー動画出てくるんです。

 

簡単なんですよ、今は。

世界的なライブラリーの動画、

キーワードで検索出来てしまうんです。

欲しい映像を検索するためのキーワード。

それを思い浮かべることできるくらいの情報

下調べなさってますか?

ひとつのキーワード入力してそのヒット数に

途方に暮れてませんか。

そこを絞り込むための、具体的な作業をしてから、

映像ライブラリーにご相談してはと思います。

でないと映像ライブラリー側も

途方に暮れてしまいますよ。

 

うちに「映像探すだけでお金かかりますか?」って

聞いてくる方もいらっしゃいますけど

このような役割をするのが

今のテレビや広告業界でいうところの

「リサーチャー」さんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかしい おかしい・・・そして

おかしい、おかしい。

金曜の夜、これから休み!という時間に
懸案の、土日ナーバスになりそうなメールが来るのは定番
・・・だけど
今年は異常気象並みにおかしい。

「エグゼクティブプロデューサー」なのに
君は新入社員か、という質問。
「どこに?」「どういう?」
「それでどう答えればいいですか」
そんなやりとりが数時間続き、
肝心の映像確認作業ができない。
「そんなのは御社内で前例もしくは契約書調べて」
「御社の何部署が担当じゃないですか」
「それは弊社の業務範囲外です!」
シン・ゴジラ』に破壊されたビル群を観て
「御社が御社が・・・弊社もーーーーー!」
ツイッターでは御社弊社で笑ったけど、
自分の会社では笑えない・・・

映像使用交渉。
使用料と指定クレジットを伝えたら
お金とるのにクレジットも?
という返答が来て・・・
クレジットは「宣伝」で使うものではないですよ。
その映像「御社のために」撮影したわけでもないし
使用料は「買取代金」ではないので
権利者のクレジット載せないと。
コピーが簡単な今、
どこでどう無断使用されるかわからないし・・・
反対の立場でそれ言えます?

文献、単なる紹介と、
それをエビデンス代わりに使うのでは
使用していいですか?の
交渉内容が変わってくる。
その道のエキスパートからの依頼で
その認識は大丈夫、と引き受けたら、
違う担当者が出てきて
え??え?

弊社の仕事の受け方、さらに悩む晩夏。
4年に1度、堂々とお盆休みできると思った。
(例年はお盆も追われてるけど仲間内だけの
 作業で気分はのんびりできた)
この夏、(祝日?聞いてないよ!)
「山の日」から「終戦記念日」と、
誰もが連絡しようにもお休みの数日間、
まさか日本でいちばん忙しい庁&お寺さんと
スマホでやりとりするとは思わなかった。

そしてバカンスの欧米に必死で連絡する金曜の夜。

弊社、自衛のため
仕事を選んでも選んでも「踏み」続けるので
各「御社」さんたち、
一度「人事異動」止めてはいかがでしょう。
以前は先輩から伝わったはずの
業務の知識、ノウハウ、責任感・・・
「下請け」に丸投げしすぎて、
全部失いかけてますよ。

おかしい、おかしい・・・
そして、おそろしい。

固定電話とファックスについて

昨日、弊社固定電話(代表電話)に非通知でお電話頂いた方
失礼しました、が・・・
・非通知での着信にはこちらから名乗りません。
・法人としては固定電話登録がないと信用が・・・とは思いますが
 実際に固定電話にかかってくるのは営業、営業、営業。
・携帯への転送サービスも利用していましたが
 その営業電話が大事な試写中に掛かってくるという煩わしさ

うちは小さな会社のまま、です。
だから固定電話は個人の電話番号にもなってます。
会社概要代わりにHP作り、電話番号記載していますが
個人宛法人宛の営業がうざったいくらいに掛かってきます。
もうスマホとメールだけで仕事は成立しているので
むしろ固定電話やファックスは「邪魔」。
今回の移転(渋谷区内だけで何回移転したのか)で
ファックスは撤去しました。
(ホント使いませんよね)

昨日お電話頂いた方は
弊社が札幌に本店移転したのもご存じでした。
うーん、何かの調査なんでしょうかねぇ。
でも「仕事を依頼するにはどちらに伺えば・・・」
札幌に本店があるのをご存じなくらいでしたら
弊社HPもご覧いただけると・・・
そこに「メールでお問い合わせください」と明記。
クリック出来るようにしております。

弊社、一度は事務所と自宅分けたんです。
でも業務内容がまさしく24時間営業。
夜中の海外からのメールは自宅で対応する毎日。
今はネット回線速くなりましたが
当時は、事務所と自宅どちらにも
動画ダウンロードのため、高速回線を引くことに。
事務所を維持するための経費が掛かる・・・
その分ギャラ上乗せできるんだったら
良かったんですけどね。

札幌に本店移転した理由、
実家が相続で自分名義になったのもありますが
法人登記する「場所」がなくなったためです。
小泉政権下、起業促進された当時
SOHO向けマンションがたくさん出来たのです。
それで法人登記も出来た。
それが数年前から入居してたマンションでさえ
不可になった・・・
なんでも担当するお役所の解釈が変わって
マンション建築時に住宅用として建ててるので
そのマンション内での事業は不可となったとか。
その話聞いた時、
「国家にはしご外されたよ」的な気分でした。
業務上(交通費も出ませんし)
あまり遠くにも行けません。
でも近隣の事務所可の物件って
すっごく条件が悪いし少ないんですよ。
それにPC1台で仕事できる時代にもなりました。
札幌には本店らしくデスクとPC、
そして過去の業務資料や決算書類など置いてます。
将来はもっとネットだけで完結する業務を
増やして、札幌本店だけにしようかな・・・
とも考えているところです。

ということで、お問い合わせは電話ではなく
(警戒心から非常に無愛想な声で出ます)
弊社HPのお問い合わせ用のメールアドレスに
お願いいたします。
メールへの返信、速さは心がけておりますが
「いつもお世話になっております」的な
挨拶文、全部割愛しています。
メールも簡略(無愛想)ですが、
その点もご了承ください。

(何往復もする同報メールにいちいち
挨拶文付けるのもどうかと思いますよ・・・)

 

映画「マネーモンスター」を観ました

ほぼジョディ・フォスターと同時代を生きて来たので
こどもなのにこんな役を!
いい大学に入って学業専念かぁ、などと
特にファンということではなく、
同時代を生きているスター(マイケル・ジャクソンみたいな)
として、ずっと彼女の話題は追っかけてきました。

今回のこの映画、現在の世界、今の日本にタイムリー。
ジョディは監督として来日し、番宣でNHKとMXに登場。
マイナーな番組である「5時に夢中」では
まさかの「AD役」!

生放送中の番組で起こった事件をリアルタイムに。
コントロールルームでの
ジュリア・ロバーツ演じるディレクターの瞬時の判断、そして指示。
かっこいいです。
自分もディレクターになりたくて、
20代は生放送番組の下っ端として働いてましたが
インカムで怒鳴られっぱなし。
オープニングタイトルのビデオが回らなくてスタジオどん!
で始末書ものだったことも・・・
あの現場を思い出して、
こんな状況気が狂いそう、って思いながら
ジュリア・ロバーツの演技に感服。
ジョディが演じてるようにも見えるし、
アカデミー賞を取った
エリン・ブロコビッチ」の演技も彷彿させました。


ジョージ・クルーニー演じる軽薄なキャスターは
今の日本の情報番組でも似たようなキャラをたくさん見かけるので
その体現だけでも「批判性」を感じるくらいで。
しかし、クルーニー親分、
こういうの演じることにかけては完璧ですね。

修正のきかない生放送。
たくさんのモニターから何を選ぶのか。
過去資料映像を探す時の迅速さ。
(過去放送映像データがすぐに出せるのか・・・と
 ここは職業病)

事件を起こした若い男に
観ているこちら側がストックホルム症候群になりました。
「時給14ドルで底辺の暮らし。
この都会では、沈まないようにするだけで精一杯」
彼の犯行動機は、母の遺産の家を売って得た600万ドルを
投資して瞬時に失ったものの、投資先は
「システムのバグ」を理由にして責任を取らない、
何が起こったのか知りたい、ということ。
これも自分の置かれてる状況と似てリアルすぎて。
(実家を売るか売らないか、貧乏人の最後の切り札ですから)
かつてバブル期には、父が同じような目にも遭いました。
そして時給14ドルは1,500円くらい。
最低賃金を1,500円に!という声が上がっている
今の日本では笑えません。
地方はもっと低い時給ですが
東京で暮らすにはこの時給ではやってけない。
まわりにたくさんいる非正規の女性たちの声も
オーバーラップしてきます。
私自身も「沈まないよう」ギャラ交渉する日々。

生放送を観ている大衆の描写も秀逸です。
今日の都知事辞職に絡む報道と
どこからか沸いてくる「民意?」
とても短いフラッシュ映像で繋いでますが、
これは私のこと?と思わせる重い毒があります。

もう映画のパンフレットって買わなくなってましたが
これは撮影秘話やインタビューを読みたくて購入。
この内容もいいです。ぜひ。
さすがハリウッドでは無敵の3人。
映画を愛し、自分の仕事を愛し、自分の果たすべき役割を実践してる
かっけぇ大人たち。
彼らじゃないとこの作品はできなかったかもしれません。
このところ洋画のエンドロールに、日本企業や日本人名が
出てくることが少なくなりましたが
SONYの文字をみて、ちょっとだけ誇らしさを取り戻しました。

ギョーカイにいて思うのはギョーカイ人ほど
忙しさを理由に他の人の作品を観ないなぁということです。
それが映画やテレビなどの映像作品の
質の低下につながっている気がします。

いろんな「自戒」を味わえるこの映画オススメです。